MENU

ヒゲの埋没毛を自宅で簡単に自分で取る方法とは?

 

 

 

男なら誰しもがヒゲが口周りに生えてくると思いますが、
剃ったヒゲが埋没毛となって、皮膚の中に埋まってしまうこと
ありますよね。
 
 
ちゃんと剃っているのに、剃り残しのように見えてしまうのが
埋没毛の厄介なところです。
 
 
 
どうにかして取りたいんだけど、エステとか行くのも気が引ける男性
は多いかと思うので、自宅で簡単に自分で取る方法をまとめてみました。

 

埋没毛になってしまう原因とは

 

 

まず、ヒゲが埋没毛になってしまう原因としては、
 
 

  • 毛抜きでヒゲを抜いている
  • カミソリ・シェーバーで肌を削ってしまっている

 
 
この2つが主な原因です。

毛抜きでヒゲを抜くと埋没毛になる

 

 
 
毛抜きでヒゲを抜くという習慣がある男性もいるかと
思いますが、毛抜きは埋没毛になりやすい典型的な例です。
 
 
 
毛を無理矢理抜いてしまうことは、肌への負担が大きく
ヒゲの処理の仕方では最も埋没毛になりやすい原因とも言えます。
 
 
 
毛抜きをしてしまっている男性は今すぐにやめた方が良いですね。

カミソリ・シェーバーは肌を削ってしまう

 

 

 
カミソリやシェーバーを使って、ヒゲ剃りをする男性が
一番多いかと思いますし、それが普通ですよね。
 
 
しかし、カミソリ・シェーバーでヒゲを剃るのは、肌を
削ってしまうことになります。
 
 
男性の皆さんは自覚している方も多いかと思いますが、
丁寧にヒゲ剃りをしても、口周りが乾燥したりと、ちょっと
皮膚が削れてしまっている感覚はあるかと思います。
 
 
ヒゲを剃るということは、肌も少しずつ削っていることにもなり、
強い力でシェービングをしている男性は更に肌が削れてしまい

やすくなっているということです。
 
 
 
ヒゲ剃りでダメージが加わることによって、埋没毛にも
なりやすくなります。

ヒゲの埋没毛を自分で取るには

ヒゲの埋没毛を取るには、まずは肌へのダメージがかかる、毛抜きや
ヒゲ剃りに気を付けないといけません。
 
 
何気なく毎日やっているヒゲの処理が肌へ負担をかけていて、
埋没毛を作ってしまう原因ともなっていますから注意しましょう。
 
 
 
皮膚の中に埋もれてしまっている埋没毛を自分で取るには、
レーザー脱毛器を使うのが良いですね。
 
 
「男なのに脱毛器!?」と思う方もいるかもしれませんが、
最近では脱毛器を使ってヒゲや他のムダ毛処理をしている
男性も多いです。

 

 

 

 

 

脱毛器の中でも人気の高い「ケノン」は、購入者の40%
以上が男性ということで、意外と多くの人が使っているんです。
 

 

メンズエステに行ってヒゲの脱毛をするのも1つの方法ですが、
ちょっとまだ気軽には行きづらいですよね。
 
 

 

 

 

僕もケノンを使ってヒゲの脱毛をしていますが、埋没毛もかなり
綺麗に取れるので愛用しています。
 
 
自宅で簡単に自分で取ることができるのでかなり便利ですね。

 

 

ケノンとメンズエステの費用を比較してみた

メンズエステでヒゲ脱毛をすると、エステにもよりますが、
口の周り全体の脱毛をするとなると、10〜15万くらいは
費用がかかると考えた方が良いですね。
 
 
ヒゲの脱毛と言っても、中々のお値段がするということは
覚悟しなければなりませんね・・・
 
 
しかし、ケノンであれば本体などの初期費用が66,990円かかり
ますが、一つ購入してしまえばヒゲ脱毛であればほぼ永久に使えます。
 
 
 
メンズエステに行くとなると、何回も行かないといけない場合が多く、
かなり高額な費用がかかってしまうので、エステよりもケノンの方が断然コスパが良い

ということになりますね。
 
 
 
僕もこんなにヒゲが綺麗になくなるんだったら、最初からケノンにしておけば
よかったと思っています(笑)
 
 
 
公式サイトだと5000円オフになるので、エステ並みに綺麗なヒゲ脱毛をしたい
方はケノンは要チェックです。

肌質別洗顔料ランキング

年齢別洗顔料ランキング

悩み別洗顔料ランキング

洗顔料のタイプ別ランキング

洗顔後のアフターケア

スキンケアに関する知恵袋

メンズ向け洗顔料

このページの先頭へ
ハウス先生