MENU

男性のおでこのシワの原因と消す方法とは

 

 

 

女性よりも男性の方が悩んでいる人が多いんじゃないかと思う、おでこのシワ。
 
 
早い人は10代〜20代とまだ若いうちからおでこのシワに悩まされることがあります。
 
 
深刻な人だと、おでこに深いシワが刻まれてしまっている人もいます。
 
 
これは40〜50代以降の男性に多いですね。
 
 
おでこにシワがくっきりとあると、おじさん顔に見えてしまうし、不機嫌な顔に見えてしまうので
どうにか治していきたいところです。
 
 

どういったことが原因でおでこにシワができてしまうのでしょうか。
 

 

 

男性でおでにシワができる原因って?

 

 

 

男性でおでこにシワができるのは、年齢によっても原因は変わってきます。
 

 

10代〜20代でおでこにシワができる原因

 

 

10代〜20代でまだ若いのにおでこにシワができる原因は、額にシワを寄せてしまっている癖があるからということが一番に考えられます。
 
 
最近では、スマホの見過ぎなどで視力が悪くなって、目を見開くようなことがよくある若い人も多いです。
 
 
目を見開くと、額にシワがよりますし、無意識でそれが癖になってしまっている人もいます。
 
 
また、10〜20代だと肌が乾燥することは少ないはずですが、洗顔を過剰にやってしまったり、体質的に乾燥気味だと、乾燥じわといった乾燥によるシワがおでこにできてしまうこともあります。

 

 

30代以降でおでこにシワができる原因

 

 

30代以降になると、額にシワを寄せるといった癖も原因の1つとして考えられますが、やはり年齢的な肌老化が大きく関係してくると言えます。
 
 
20代までに比べて肌は乾燥してきて、乾燥じわ・小じわといったものが自然と増えてきます。
 
 
また、年齢的にも肌のハリを作り出すコラーゲンやエラスチンがなくなってきて、肌がたるんでシワができてきます。
 
 
洗顔のやり方が良くなくて、おでこが乾燥してシワを作ってしまうこともありがちなので気をつけた方が良いです。

おでこのシワを取るにはどうする?

 

 
 
おでこのシワを取るには、まずはシワを消すためにも、額にシワを寄せてしまうようなことはストップするようにしましょう。
 
 
 
そういった癖を直さないと、シワの形を覚えてしまっていつまでたってもハリのある額には戻りません。
 
 
 
また、加齢によるコラーゲンやエラスチン不足などは、コラーゲンやエラスチンの生成を促す美容液を使ってケアしてあげることも効果的です。
 
 
 
普段の洗顔からおでこのシワを消すには、肌を乾燥させないことが大事です。
 

 
 
保湿力の高い洗顔料を使って優しく洗い上げて、洗顔後の保湿もちゃんとやることで乾燥によるシワを防ぎ、ターンオーバーも整えることでおでこのシワの改善にもつながります。
 
 
 
僕が愛用している洗顔料と、オールインワンジェルは保湿力が高く、ターンオーバーを促進させるプラセンタエキスも入っているため、僕はおでこのシワには全然悩まされていません。
 
 
 
シワを作りださないための肌ケアをしていきたい男性には一度チェックしてみて欲しいですね。

 

 

⇒おでこにシワ1つない僕が愛用しているメンズコスメとは

肌質別洗顔料ランキング

年齢別洗顔料ランキング

悩み別洗顔料ランキング

洗顔料のタイプ別ランキング

洗顔後のアフターケア

スキンケアに関する知恵袋

メンズ向け洗顔料

このページの先頭へ
ハウス先生