MENU

男性で顔中に小さいニキビがたくさんできる原因と治し方

 

 

 

男性が長年苦しまされがちなのが、顔中にできるニキビ。
 
 
小さいブツブツとしたニキビが、顔全体にできてしまってニキビ顔となってしまう男性もたくさんいるかと思います。
 
 
男の天敵とも言える、顔中の小さいニキビですが、どうやった治すことができるのでしょうか。

男性で顔に小さいニキビができる原因とは

 

 
 
 
顔に小さいニキビがたくさんブツブツとできてしまうのは、毛穴が詰まってしまうことで、アクネ菌が増殖して炎症を起こすことでできてしまいます。
 
 
ただ、毛穴詰まりを引きこす原因が、10〜20代前半の思春期ニキビと20代後半以降の大人ニキビでは変わってきます。
 
 
例えば、若い頃の思春期ニキビのほとんどの原因は大量の皮脂による毛穴詰まりです。
 
 
一方、大人ニキビは不規則な生活習慣によるホルモンバランスの乱れであったり、肌の乾燥、皮脂過剰といった複数の要因が重なってニキビとなります。
 
 
 

大人ニキビの方が原因は複雑ですが、思春期ニキビも大人ニキビも治すには日々の洗顔
から改善していくことは可能です。

男性の小さいニキビを治すには洗顔にこだわれ!

 

 

 

 

大きいニキビではなく、小さいニキビであれば洗顔に気を付けることで早く治すことも可能です。
 
 
ニキビを作らない環境を整えてあげるためには、「清潔にする」「皮脂を落とす」「乾燥させない」この3つを意識して、洗顔をしていきます。
 
 
まず、顔が雑菌だらけだと、毛穴に入りこんで炎症を起こすので、顔を洗う時は手を綺麗にしてから洗顔をするようにしましょう。
 
 
そして、ニキビの最大の原因とも言える、皮脂はしっかりと落とすようにして、皮脂が毛穴に詰まらないようにします。
 
 
ここで、注意が必要なのが肌を乾燥させないことです。
 

小さいニキビが治らないのは乾燥のせい?

 

 
 
ニキビケアは顔を清潔にして、皮脂を落とせばいいだけと思っている男性も多いですが、それでは
いくら洗顔をしてもニキビは治らないです。
 
 
皮脂を落とそう落とそうと、必死に洗ってしまうと肌は乾燥して、余計に皮脂は分泌されるように
なってしまうんです。
 
 
そのため、ニキビを治したいのであれば、皮脂はしっかりと落としつつ、潤いが残るような洗顔の仕方をしていかなければならないわけです。
 
 
洗顔で肌を乾燥させるのは、顔をゴシゴシと洗い過ぎているか、使っている洗顔料が悪いかのどちらかが考えられます。
 
 

顔を乾燥させないような洗顔をするには、洗顔フォームよりも洗顔石?が良いと言われています。
 
 
その中でも、ノンエーという洗顔石?はニキビ有効成分が入っていて、男性のニキビケアで最も人気
があるそうです。
 
 
僕もニキビができた時はノンエーにお世話になっています。
 
 
顔中の小さいニキビをなんとか治したい男性は一度は使ってみた方がいいかもしれませんね。
 
 
⇒男のためのニキビ用洗顔料 

肌質別洗顔料ランキング

年齢別洗顔料ランキング

悩み別洗顔料ランキング

洗顔料のタイプ別ランキング

洗顔後のアフターケア

スキンケアに関する知恵袋

メンズ向け洗顔料

このページの先頭へ
ハウス先生